ポップアップなVWT6ビーチに荷物を積んで

クルマで行く外遊びが好きなアラフォーおやじのブログ

VW T6 Beach 17 -GW長旅後の掃除-

 GWの神戸⇄福岡の旅。色々と立ち寄ったので走行距離は1800kmちょい行きました。

 

 車中泊もしたので車内の汚れはそりゃ酷いことに・・・。

 

 ウチは小学生と幼稚園の子供がいるので、汚すことはもちろん想定内だけど、旅が終わって改めて車の中を見ると、想像以上に汚れてた。

 

 まず鳥取砂丘に行ったので、砂の上に寝転んでやがったキッズどものポケットの中などからの大量の砂。

( ↓これもんですよ・・・そりゃ もれなく砂持って帰るわなー・・・)

f:id:Tegoood:20190515092039j:plain

 

 道中もシートの上などに豪快にお菓子やジュースをこぼしてやがったし!!

 ジュースっつってもまさかのコーヒーっていうね・・・。

 運転中のワタクシも、こぼしたであろう叫び声が後ろから聞こえてくる度に気が気じゃなく、心中穏やかではなかったのは言うまでもありませんがね。

 

・・・

ってことで車内清掃!!

 砂とかお菓子類はマットなどを全部外して掃除機で吸い取れば良いけど、問題なのがシートに付いたコーヒーのシミ!

 真ん中の席当たりに豪快にシミが残ってるな・・・。

f:id:Tegoood:20190515093004j:plain

これもんですぜ???

f:id:Tegoood:20190515093126j:plain

 

 気が遠くなる惨状・・・いや惨劇・・・。

 

・・・

 

 でも大丈夫!

 

 実はこんな事もあろうかと、シートにはシートカバーを付けてます。テキトウな汎用品で済ます事もできるけど、どうせシワシワになってブサイクになるので、本国のBRANDRUPっていうメーカーの品。

www.brandrup.de

 このBRANDRUP社はVWに純正としても納めているらしく、モノは非常によくできていて、自分は他にも色々とこのメーカーのアクセサリー付けてます。日本での数少ないVWT6乗りの方。このメーカーオススメです。

www.tegoood-camping.com

 

 

・・・

 さてシートカバーを外して洗おう!!

f:id:Tegoood:20190515095644j:plain

 シートをフラット状態にしたら、シートの下側が見えるので、シートカバーを固定するためのフックを外す。

f:id:Tegoood:20190515100005j:plain

f:id:Tegoood:20190515100217j:plain

 フックを全部外したらあとはペリッとめくるだけ。

 見えてきました本物シート。模様も全く同じ。このシートカバーの作り込みの高さが分かると思います。

f:id:Tegoood:20190515100546j:plain

 カバー全部取った。・・・良かったコーヒー染みてない!!ちょっとは染みてるかなー?とか思ってたけどセーフでした!

f:id:Tegoood:20190515100747j:plain

 同じ要領で背面側も外します。

f:id:Tegoood:20190515100932j:plain

 ついでに前席も全部。

f:id:Tegoood:20190515101010j:plain

 

 全部外して丁寧に揉み洗い。縮んだらイヤなので一応柔軟剤入りの中性洗剤で洗いました。

 

・・・

そしてパリっと乾燥させて車に再度取り付け。

f:id:Tegoood:20190515102001j:plain



 コーヒーのシミもこの通り無くなりました!!

f:id:Tegoood:20190515101257j:plain

 

 

・・・

ボディも綺麗サッパリ洗車完了!!

f:id:Tegoood:20190515102343j:plain

 

次の車旅の準備が整いましたw

キャンプシーズン到来!!

キャンプシーズン到来!
 
 
 って事で、ウチに腐るほどあるLEGOでちょっくら遊んでみました!(ヒマか)

f:id:Tegoood:20190513170644j:plain

 
 VW T1キャンピングカーはずっと前買ったLEGOのセットもの(#10220)だけど、その他は完全オリジナル。

f:id:Tegoood:20190513170729j:plain

 

 カーミットチェアあります。布地はやはり赤に限る。
(迷彩をLEGOで表現するのは流石にムリw)

f:id:Tegoood:20190513170933j:plain

 

 クーラーボックスとランタンはコールマンのビンテージもの。
 クーラーボックスは冷えはイマイチだけどここは雰囲気重視で。ランタンはメンテバッチリで全く問題なし。炎上騒ぎなんかになりません。勝手にアラフォーオヤジ(ワタクシ)のバースデイランタンとしておきましょう!

f:id:Tegoood:20190513171148j:plain

 

 予備としてコールマンのシーズンズランタンもスタンバイOK。

f:id:Tegoood:20190513171459j:plain
 3段ラックにはキャンプギヤが入ったコンテナなどがキレイにフィット。
 
 焚き火台の上にはロッジのダッチオーブンでローストビーフを調理中。火加減が難しいけどじっくりと焼いています。火も当然LEGOw
f:id:Tegoood:20190513171733j:plain
 
 ブルーリッジのパークウェイピクニックテーブルでロースタイルリビングの完成。テーブルの上のまな板で出来上がったローストビーフを切り分けます。ナイフももちろんLEGO。ビンの中は水と見せかけて当然リキュール。酔い過ぎに注意!

f:id:Tegoood:20190514090058j:plain

 
 こちらには、釣竿、ペグハンマーなどが入ったコンテナを配置。この日の釣果は残念ながらゼロ…。

f:id:Tegoood:20190514090310j:plain

 
 こちら側には焚火用の薪コンテナ。ダッチオーブン終わったら焚き火します。

f:id:Tegoood:20190514090406j:plain

 近くに蜘蛛がっ!危ない!!
 
 
・・・
 今日の寝床はVW T1キャンピングカーの中。

f:id:Tegoood:20190514090816j:plain

 ルーフをポップアップさせれば中は広々。

f:id:Tegoood:20190514090641j:plain

 シンクもあります。

f:id:Tegoood:20190514090710j:plain

 車内右面にはお気に入りの絵も飾ってありますよ。

f:id:Tegoood:20190514091012j:plain

 折りたたみテーブルを展開すれば対面リビングの完成。夜寒くなったら車内で宴会の続きをやります。

f:id:Tegoood:20190514091620j:plain

 テーブル畳んでシートをフルフラットにすれば、ベッドが完成。

f:id:Tegoood:20190514091126j:plain

 

・・・

 そうこうしているうちに、友人がクラシックミニ(#10242)で駆けつけてくれました。

f:id:Tegoood:20190514093059j:plain

 トランクにはピクニックセットが。

f:id:Tegoood:20190514093208j:plain

 ランチを一緒に頂きます。

f:id:Tegoood:20190514093228j:plain

 

 車を並べて記念撮影。大きさがちょっと合っていないか。

f:id:Tegoood:20190514093305j:plain

 ならば遠近法でパシャリ。

f:id:Tegoood:20190514093423j:plain

 
 
 
・・・
うん、レゴに限界はない!
 

f:id:Tegoood:20190514122449j:plain

 

www.tegoood-camping.com

 

 ここ最近はちょい暑いくらいだけどキャンプにはベストな季節。
 
 梅雨までに何回行けるかが勝負なんだけど、ウチはワタクシの仕事やキッズの習い事の都合で5月いっぱい行けそうにねぇんですわ…(;´Д`A
 
 なんとか時間作ってキャンプ行きたくなりました。

車中泊の旅 '19.4/28-5/4 その3 -周防大島から神戸へ-

GW車中泊の旅。その3。

 

その1、その2はこちら↓

www.tegoood-camping.com

www.tegoood-camping.com

 

 

5/3(金)

 9時 福岡の実家を出発。まずは下関の「唐戸市場」で海鮮丼食べて「巌流島」で宮本武蔵と戯れる予定。

 

 …だったのですが………

 九州自動車道の門司港辺りで20km超の大渋滞!全く動かないとはこのことで、ここに来てGW10連休の影響をモロに受けることになりました…。

f:id:Tegoood:20190509231354j:plain

 11時ごろには「唐戸市場」で悠々と海鮮丼でも食べてるはずなのに、この時点で既に13時でもう無理。こりゃやばい!

 

 予定変更で、そのまま第2目的地の「周防大島」へ直行することに!

 

 昼メシはどこかのPAで済まそうとしたけど、どこのPAも大混雑。予想外の展開が続くけどしょうがない。

 車の渋滞抜け出し、大混雑のPAでなんとかメシ食って、また渋滞の高速へ…。そんな感じで周防大島を目指す行程となりました…。

 

16時に玖珂(くが)ICで山陽道を下り、そのまま南下。橋渡って、周防大島に到着。福岡から280km。普通では3.5時間の行程を7時間かかりました…。

f:id:Tegoood:20190509232245j:plain

 時間かかったけど、快晴のおかげでテンションは高め安定。

f:id:Tegoood:20190509232308j:plain

 周防大島はハワイとの繋がりが深いとのこと。初めて来たけどハワイアンな雰囲気漂ってます。

f:id:Tegoood:20190509232326j:plain

 「片添えが浜」でパシャリ。ここにはオートキャンプ場があります。

f:id:Tegoood:20190509233513j:plain

 実は去年の盆休み、このキャンプ場のコテージに行きたくて、予約しようと予約開始日(2ヶ月前とか3ヶ月間の予約オープン日)の朝から電話かけつづけたけど夕方まで電話繋がらないということがありました…。それだけ人気のある場所みたい。

 

 片添えが浜オートキャンプ場には付設の温泉があるので、そこで一風呂浴びました。

 

 …

 そして、片添えが浜からほど近い、この日の車中泊場所の道の駅「サザンセトとうわ」へGO!

 

 うんハワイですここ。

f:id:Tegoood:20190509233442j:plain

 道の駅の裏側はすぐ海。近くに歩いて渡れそうな島があったので行ってみました。

f:id:Tegoood:20190509233543j:plain
f:id:Tegoood:20190509232416j:plain

 水は冷たかったけど、真夏に汗だくで旅行するより、やっぱこの時期は適度な気温で良いですねー。

f:id:Tegoood:20190509232433j:plain

 見よ!↓この躍動感あふれる写真を!Toyキッドが石投げてますw

f:id:Tegoood:20190509233935j:plain

 

 …

 テキトウに晩メシ食って、車中泊場所の確保。

 この道の駅の駐車場は、道路側と海側に2つあって、聞いてみると車中泊はみんな海側でやってるよーってことだったので海側の駐車場に行きました。

 なるほど、この雰囲気はやばい。

f:id:Tegoood:20190509233952j:plain

 

  早速ルーフを上げて車を寝室スタイルへ。この日は風もなく周りも静かでとても快適な夜でした。

f:id:Tegoood:20190509232457j:plain

 

 

5/4(土)

 6時 おはようございます。

f:id:Tegoood:20190509234041j:plain

 この日こそは早めの行動!ってことで、早めに起きて朝めし食って7時には出発。目的地の「錦帯橋」へ向かいます。

 周防大島から錦帯橋へは50km。下道で約1時間走り8時に到着ー。

f:id:Tegoood:20190509234135j:plain

 やっぱ早め行動は良いですね。さすがのGWでもこの時間はまだ人多くなかったです。

f:id:Tegoood:20190509234153j:plain

f:id:Tegoood:20190509234240j:plain

f:id:Tegoood:20190509234213j:plain

 錦帯橋渡った側にある「シロヘビの館」などを見ました。

f:id:Tegoood:20190509234247j:plain

 錦帯橋をリターン。だんだん人が増えてきました。

f:id:Tegoood:20190509234204j:plain

 

 売店でソフトクリームなどを食べつつまったりと。行動早いとゆったりとできます。

 

 12時 この日の予定はこれだけだったので、あとは神戸に向けて帰るだけ。

 家族全員爆睡の中、オヤジはお気に入りの音楽をちょっと高めの音で聴きながら、山陽道を東進。残り350kmの道のりでしたが渋滞もなく自宅に帰ることができました。

f:id:Tegoood:20190509234321j:plain

 

 

今回、早め行動の重要さを改めて再認識。

あと車旅の場合、移動+観光+移動となるので、かなり余裕のある計画にしとかないと全部回るのはムリです。勉強になりました。

 

おわり

車中泊の旅 '19.4/28-5/4 その2 -島根県から一気に福岡入り-

GW車中泊の旅。その2。

 

その1はこちら↓

www.tegoood-camping.com

 

 

4/29(月)

 8時 

 車中泊した「宍道湖ふれあいパーク」は、思いっきり国道9号沿いだったせいか深夜まで車が通る音が結構うるさかった…。

 でも0時回るとそれなりに静かになったし、付設のトイレは綺麗で、やんちゃな車もいなかったので、車中泊場所としては問題ないところでした。

 駐車場の裏には↓のような広い芝生スペースがあったので、朝メシ前にキッズどものストレス発散がてらそこで放し飼いw 

f:id:Tegoood:20190508200917j:plain

 宍道湖は初めて来たけど、なんだか穏やかーな雰囲気が良く、今度SUPやってみたくなりました。

f:id:Tegoood:20190508201141j:plain

さて車に戻って朝メシ食って、この日の予定を確認。最初は「松江城」に行こうって事にしてたので、さっさと準備して9時に出発〜。

f:id:Tegoood:20190508194817j:plain

9時30分 松江城到着。

 松江城は、国宝に指定されている5城のうちの1城だそうです。

f:id:Tegoood:20190508203144j:plain

 下調べの段階で、城の回りのお堀を遊覧する船が有名って事だったので乗ってみました。

 GWなので朝一でもかなりの人いましたが、遊覧船の待ち時間はほぼゼロ。理由は40隻以上が常にスタンバってて、次から次に出航。運営がしっかりしている印象でとても気持ち良かったです。

f:id:Tegoood:20190508203314j:plain

f:id:Tegoood:20190508203329j:plain

 遊覧船は松江城の回りをぐる〜っと50分くらいかけて回るんですが、かなり楽しい。途中めっちゃ低い橋の下を4箇所くらい通る時、船の屋根が電動で下がるんです。乗っている人間も思いっきり頭を下げないと行けない。そんなギミックもあり大人も子供もテンションMAXでした。

f:id:Tegoood:20190508203001j:plain


 遊覧船を満喫して11時。人もかなり増えてきたので早めの昼食。松江城の周りには老舗の有名な食事処が点在しています。

 今回は一見で「出雲そば処 八雲庵」を選択。おすすめは "鴨南蛮そば"だそうですが、それを無視して見た目で全員"天ぷらそばセット”を頼む我が家…。やっぱ一つくらいは鴨南蛮そばにしとけば良かったと後悔。

f:id:Tegoood:20190508204237j:plain

 とは言えおいしく頂きました。ごちそうさまでした。

 この時点で12時。この次は40km離れた「出雲大社」に行って、どこかで車中泊した次の日に実家の福岡に行く計画でしたが、朝一からパラついていた雨が、ここにきて本降りに…。天気予報見ても一日中雨だし、テンションも地の底に落ちたので、予定変更してこの日に福岡に行ってまおうってことに。

 

 そうと決まればソッコーで高速乗って、福岡まで450km(6時間)の旅の始まり。f:id:Tegoood:20190508204632j:plain

 

 バビューーーンと一気に福岡。なんとか日没前の18時ごろに到着できました。

f:id:Tegoood:20190508204651j:plain

 で、いきなりラーメン。

f:id:Tegoood:20190508204732j:plain

 「西谷家(さいたにや)」へ直行。ここは最近のお気に入りで、ラーメン通で地元が福岡のワタクシが言うので間違いありません(たぶん)。お近くに立ち寄ったら是非。

www.saitani.jp

 

4/30(火)~5/2(木)

 福岡ではいつも通りワタクシの父母や姉家族と会いました。実家帰るといつも豪華な料理や美味しい飲み屋をアレンジしてくれて感謝です。

 

 全員メンズキッズというね…。

f:id:Tegoood:20190508204807j:plain

 福岡市西区の小戸公園↓ ここは敷地も広くBBQもできるしヨットハーバーもあってグッドな場所です。

f:id:Tegoood:20190508205202j:plain

f:id:Tegoood:20190508205235j:plain

f:id:Tegoood:20190508205251j:plain

 

 3日間実家を満喫しました。1年で1回くらいしか実家帰らないので子供たちは毎回久しぶりの再会ってことで、公園にゲームに遊び倒していました。

 

 

つづく

車中泊の旅 '19.4/28-5/4 その1 -鳥取砂丘から宍道(しんじ)湖-

 今回のGWは車で北海道キャラバン!って企んでたんだけど、計画開始した3月の段階では関西⇔北海道のフェリー予約は全滅。(そりゃそうだ…計画が遅すぎる…)

 流石に自走で神戸⇔北海道はしんどいので、計画変更して実家のある福岡に向かって車中泊しながら帰ることに。往路2泊+福岡実家3泊+復路2泊みたいなザックリした計画。

 いつも瀬戸内海に沿って帰るので、今回はあまり行った事のない山陰地方を廻ることにしました。

 

 

………

4/28(日)

8時 神戸の自宅出発。中国自動車道から鳥取自動車道へ。

f:id:Tegoood:20190506210923j:plain

 

10時 一つ目の目的地の鳥取砂丘到着ー。砂丘前の駐車場は駐車待ちの行列で、一段上の駐車場は比較的穴場でそこに駐車。砂丘まではリフトで行く必要あるけど、逆に子供にはリフトが楽しいかも。

f:id:Tegoood:20190507092007j:plain

 

 で砂丘!巨大蟻地獄にハマる人間どもの図。

f:id:Tegoood:20190506211006j:plain

 裸足になってGo!

f:id:Tegoood:20190506211024j:plain

 はい、やると思った。車が砂まみれになる未来予想図が頭の中で完成…。

f:id:Tegoood:20190506211055j:plain

 アラフォーオヤジにこの坂はきつい。そして上りきった先は海。なかなかの絶景でした。

f:id:Tegoood:20190507092935j:plain
f:id:Tegoood:20190507092953j:plain

 

 その後、隣接する砂の美術館へ。分かってるけど全部砂!すごい!!

f:id:Tegoood:20190507093611j:plain
f:id:Tegoood:20190507093640j:plain

 

 ここは毎年作品を変更しているそうです。なるほど、形あるものは崩れる宿命の縮図と何度でも再生できる砂の特性を利用した人のワザによる芸術世界…。ちょっと深いです。

 

14時 鳥取砂丘を出発し西へ。遠く大山(だいせん)には雪が!

f:id:Tegoood:20190506211834j:plain
f:id:Tegoood:20190507100011j:plain

 

16時30分 境港到着。ここではゲゲゲの鬼太郎ロードをお散歩。↓右写真のような銅像が約800mの商店街に180体近くあります。大人でもなかなか面白い。

f:id:Tegoood:20190506211954j:plain
f:id:Tegoood:20190506211851j:plain

 

 店の前に↓こんな新手の顔出し写真スポットあった。YouTubeの画面のところがくり貫かれていてそこから顔を出してパシャリ!目玉オヤジや鬼太郎のかぶり物もできます。

f:id:Tegoood:20190506211859j:plain

 

 17時30分 境港出発。この日の宿泊予定地の「宍道湖ふれあいパーク」まで下道40km。メシも風呂も入らないといけない。急げー。

 途中で、どこかで見た有名な坂があったので車停めてパシャリ。写真では空へ飛んでいけそうだけど、もちろん実際走るとただの坂。

f:id:Tegoood:20190506212013j:plain
f:id:Tegoood:20190506212027j:plain

 

 19時30分 宍道湖が見えてきた。キレイ!

f:id:Tegoood:20190506212032j:plain

 

 晩飯食べるとこ探したけど、閉まってたり営業時間終わってたりでなかなか見つからずコンビニ飯に変更…。更にお風呂は「玉造温泉ゆーゆ」で入ろうと思ってたけど、まさかの駐車場大渋滞で諦めざるを得ないという…。

 

 そして20時に車中泊場所の「宍道湖ふれあいパーク」になんとか到着。うーん、車旅はやっぱ時間感覚が難しい。結構バタバタした1日目となりました。

 

つづく

VW T6 Beach 16 -油圧ジャッキ購入、そしてタイヤ交換-

 今年から本格的にゲレンデリターンしたので車にスタッドレス入れてましたが、シーズン終了したので夏タイヤへ入れ替え。

 スタッドレス入れる時は専用ホイールへのタイヤ組付けもあったので業者にお願いしましたが、今後はタイヤ付ホイール毎の入れ替えなので工賃節約のために自分でやろうと思います。

 ウチの車は2.5ton超のヘビー級なので、マージン見て3tonくらいの油圧ジャッキが必要。前にコストコにあったのを思い出したので、車ぶっ飛ばして行ってきました。

 

 …すると3月末時点でコストコに在庫なし!前見た時はかなりの量が棚積みされてたのに、みんな考えることは一緒で、3月末にはジャッキ購入率高いってことですね。(皆さんも注意したほうが良いです)

 

 同じヤツをネットで見てもコストコより5000円は高いし、その他中華製っぽいのが割と安く売ってますが、信用できないし、何よりジャッキ自体の重量が中華製は30キロオーバーってのばかりです。

 ちなみにコストコにあったジャッキは20キロくらい。外部収納に保管する必要があるウチとしては、外部収納⇔駐車場の行き来で途中持ち上げる必要があることを考えると、この重量差はデカいです。

 

 ってことでコストコ再入荷を約2週間待ちました…。

 

 

 でゲット。 ARCAN(アルカン) 3t ジャッキ

f:id:Tegoood:20190408091146j:plain

 

 結構デカくて重い。やはり3t用となるとしっかりしています。

f:id:Tegoood:20190408132922j:plain

 

 ↓このスタッドレスタイヤを外します。

f:id:Tegoood:20190408133000j:plain

 

 タイヤ接地した状態で全ボルトを少し緩め、ジャッキポイントに合わせてジャッキアップ。

f:id:Tegoood:20190408133244j:plain

 

  タイヤ下面が地面から僅かに浮くところ(1cm以内)でジャッキ止めた方が良いです。その方が取り付けの時にタイヤ持ち上げる高さも少なく、腰をいわす確率も減ります。このクラスになるとホイール付きタイヤはかなり重いのでね…

f:id:Tegoood:20190408134818j:plain

 

 夏タイヤを取り付けて、ボルトは仮止め。

f:id:Tegoood:20190408135003j:plain


 ジャッキ下ろしてタイヤ接地させてボルトにトルクかけていきます。今回トルクレンチも購入。昔は全て車載工具でトルクもテキトウにかけてましたが、今は家族の命預かってるのでちゃんとやらないといけません。

f:id:Tegoood:20190408135202j:plain

 

 マニュアル見たらウチの車のトルク値は180Nm。対角線上に順番にトルクかけていきます。

f:id:Tegoood:20190408135332j:plain

 

 残り3箇所も実施。久しぶりの作業だったので、キッチリゆっくりやったので小一時間かかりました。

f:id:Tegoood:20190408141206j:plain

 

 

 でコンプリート!

f:id:Tegoood:20190408141414j:plain

 

 久々この姿見たけど、黒鉄チンに比べやはりこの純正18インチはシュッとしてかっこよし!自己満足!!

f:id:Tegoood:20190408141428j:plain

 

 

 

この後、洗車もして パリッとした気分になったので、家族連れて明石城公園まで花見に行きました。 

f:id:Tegoood:20190408144310j:plain

 

f:id:Tegoood:20190408142549j:plain

 

 おいToyキッド!ゲームをせずに桜を見なさい!

f:id:Tegoood:20190408142615j:plain

 

f:id:Tegoood:20190408142427j:plain

 

 

 オヤジはまったりと日ごろの疲れを癒すことができました。

f:id:Tegoood:20190408142652j:plain

VW T6 Beach 15 -アドブルー入れたら世界の将来が心配になった件-

車のモニターに警告表示が出ました。

f:id:Tegoood:20190401162245j:plain

 

 エンジンかける度に、"ピンッ!"という割と大きい音とともに ↑ のような表示がモニターに出る。 

"AdBlue (アドブルー) があと1600kmしかもちませんよ"との事。警告表示自体は2000kmくらいから出て、それからはエンジンかける時に必ず"ピンッ!"って。結構うっとおしい。

 

 

 

アドブルーって何?

 アドブルーとはディーゼル車の排気ガスを浄化するための液体で、ガソリンみたいに車の専用コックに補充するもの。液体の実体は"尿素水"との事。

(尿素って言われてもねぇ… シロウトに思い浮かぶのは一つしかありませんが… もっと違う名前にできなかった??? あ、これは元素の話になるのか……)

 

 ↓こんなの見てもサッパリだけど、マフラー内の触媒に尿素水を噴霧して排ガスを浄化する図。(尿を噴霧て…… もうええかw)

f:id:Tegoood:20190401162719j:plain

 

 

アドブルーはどこで買う?

 ガソリンスタンドにあります。でもガススタならどこにでもある訳ではなく、ディーゼルエンジンのトラックなどがよく利用するガススタ。港や高速道路の近くなど。

 今回初めて入れるのでスマホで検索して、アドブルーを扱っていると謳ってる、家から一番近いガススタに行きました。扱うガススタはそんなに多くないけど、そこそこあるみたいなので、遠くに行かないと……って訳ではなかったです。

 

 

思い出す有名なパフォーマンス

 ディーゼルエンジンにはアドブルー。さてディーゼルエンジンで思い出すのは、20年前の石原都知事の有名なパフォーマンス ↓ 。

f:id:Tegoood:20190401170220j:plain

 

 ペットボトルに入った黒いススを振りながら、"ディーゼル車はススを東京に撒き散らすな!"っての。

 これはあくまでも、古くてメンテが行き届いていない等のディーゼル車の東京流入を防ぐものだったと記憶してますが、なんせこのパフォーマンスのインパクトは強く、日本でのディーゼルエンジンの地位は奈落の底に落ちました。

 

 

ディーゼルエンジンのイメージって?

 めっちゃ悪くないですか? 日本ではディーゼルエンジンのイメージは悪い。古臭くて公害の元!そもそもトラックしか使っていない! みたいになってますよね??

 ちなみに自動車先進国であるヨーロッパの近年までのディーゼル車のシェアは50%です。街中を走る車の半分はディーゼル車。ベンツもBMWもアウディもディーゼル車いっぱい作ってます。そしてガソリン車より価格が高く、エコなイメージすらあります。

 価格が高い理由としては、前述した排気ガスを浄化するための機構が必要だからなのですが、エコなイメージってのは日本でのイメージとは間逆ですね。

 

 

エコカーのエンジン

 エコカーにはどのエンジンを搭載するのか? この問いに対しヨーロッパはディーゼルエンジン、日本はハイブリッドに突き進みました。

 ディーゼルエンジンは、燃費が良く低速トルクもあるので、市街地を走るには向いているエンジン。要はエコなエンジンなのです。また低速トルクがある=ストップ&ゴーで楽しくスポーティに乗れる。これがヨーロッパが選んだ道です。

 一方ハイブリッドは、低速は大人しく回して燃費を稼ぐというその機構上、どうしても楽しさに欠けてしまいます。楽しさより燃費を取った形。これが日本が選んだ道です。

 

 ハイブリッドを選んだ日本は、裏にはヨーロッパメーカーとの差別化として政治的な背景も大きかったと思います。

 ヨーロッパ車との差別化を図るため、ハイブリッドに光明を見出し、国を上げて先導。多額の税金が投入されています。また排ガス規制でもディーゼルに不利な基準を設定し、ヨーロッパディーゼル車を締め出そうとしました。

 

 ハイブリッドに突き進んだ日本車は、一見差別化に成功したように見えますが、運転=楽しさを欠いていたため、若者の車離れの一助になってしまった感も否めなく、自動車が売れなくなってしまいました。結果的にハイブリッド路線は失敗だったのではないかと個人的には思います。

 

 時代を経てディーゼルエンジンは排気ガス浄化システムが進化し、最近ではマツダがディーゼル押し路線となっています。というかそれがマツダの生きる道だったのでしょうが、マツダのおかげでディーゼルエンジンの地位は少し復活しました。

 

 

EVへのシフト

 ここ最近では、内燃機関からEVへのシフトという自動車業界の大きな再編の時期に入りました。国内外問わずどのメーカーも2025年とか2030年までに完全EV化するという目標を高らかに掲げています。

 実現できるかどうかは不明ですが、この目標に対しては日本とヨーロッパは同じ土俵で戦う事になりそうで、そのバトルで、提携や合併や吸収などが盛んに行われて自動車メーカーは淘汰されていく気がします。

 で最後は中東を初めとした石油産油国との世界的な利権争いが待っています。石油産油国は地面の下に石油があるってだけで大金持ちになっちゃった国々で第一次産業以外は大したものはありません。燃料が売れなくなると国は終わってしまうので なんとかしなくてはならない。原油の大安売りが始まるでしょう。そうなると石油会社は利益が下がって従業員に給料払えなくなるので、リストラされた白いターバン巻いた人たちが増加。なんか怖いですね…

 

 

…とアドブルーを入れてる時に、中東の今後が心配になるという妄想までぶっ飛んでしまいました。

 

(おにいさん写真ごめんね…アドブルー丁寧に入れてくれてありがとう。)

f:id:Tegoood:20190401163619j:plain

 

 約13L入って満タン!ちなみに値段はガソリンと一緒くらいです。

f:id:Tegoood:20190401165823j:plain

 

 ウチの車は一度満タンにすると10000kmくらいは持つみたいなので、次は一年後にまたアドブルー入れる時に、もう一回中東の心配しようと思います。

 

 

おわり

フォルクスワーゲンT6カリフォルニアってどんな車?

フォルクスワーゲン(VW) T6カリフォルニアは、VWが自社で開発・製造を行っているキャンピングカーでベース車両はトランスポーター第6世代を通称したT6。

 

 通常、キャンピングカーはベースとなる車をアフターメーカーが種々の装備を換装して製造しますが、自動車メーカー自らが開発・製造しているのは現在VWしかありません。

 

 分かり易く言うと、トヨタや日産がメーカー純正でキャンピングカーを作っているっていう事。そりゃ図面段階からメーカー基準で開発され、厳しいテストが繰り返されているので、性能・機能・耐久と3拍子そろった品質となります。

 

このブログは、このVWT6キャンパーで繰り出す外遊びの日々をブログネタとしています。

今日はこのVWT6カリフォルニアシリーズについて書きたいと思います。

  

 

VW T6とは? 

初代はいわゆるワーゲンバスでこれをT1 (TはトランスポーターのT)とし、その子孫が通常進化をとげ、現在はT6まで来ています。

 

  ↓みんな大好きワーゲンバス (T1)とその子孫の最新T6。

 f:id:Tegoood:20190319113319j:plain

 

次の写真は進化過程が分かり易いですね。T4前期までは日本に入ってたので昔はよく見かけてました。しかしT4後期で日本への正規輸入がストップします。

 f:id:Tegoood:20190319113137j:plain

 

なぜ日本への正規輸入がストップしたのか?

正規輸入が止まったT4後期は1997年ごろなので、ちょうどホンダステップワゴンや日産エルグランドがデビューした時期で、日本でミニバンブームに火がついたところ。十分売れる算段はあったはず。

 なぜ入れなかったのか?

VWのTシリーズはT1をルーツに持つその由緒正しい歴史から、欧州ではベンツVクラスよりも市民権を得ており値段も高め設定。その価値のまま日本で売ろうと思うと、日本ではVWはベンツよりも低価格のイメージが強く、高い値段設定では売れない。加えて、コスパの高い日本車と勝負しても負けると判断されたんでしょう。  

 

VW カリフォルニアとは?

 VWのキャンピングカーには長い歴史があり、1960年頃に老舗ウエストファリア社が手がけるT2 (トランスポーター第2世代)ベースのキャンピングカーがVWのラインナップに加わったのが始まりで、キャンピングワーゲン→ジョーカー→カリフォルニアと名前を変えながら、その後T4 (第4世代)までラインナップされていました。

 

  ↓T3 (第3世代)は未だに人気あって、日本でもたまに見かけますね。

f:id:Tegoood:20190319143438j:plain

 

しかし、ウエストファリアの業績が悪化し、2003年にVWとウエストファリアの提携は終了。その後T4→T5 (第5世代)への切り替えのタイミングで、VWは2004年からメーカー純正としてカリフォルニアの製作を始めることになります。 

以来、VWカリフォルニアは、世界唯一の自動車メーカー自らが手掛ける純正キャンピングカーとしてラインアップされており、各部の沿いやフィッティングなど、ビシっとした質実剛健なドイツ製キャンピングカーとして欧州で高い評価を得ています。

 

VW T6カリフォルニアは装備の差から、Ocean(オーシャン)、Beach(ビーチ)に分かれます。オーシャンは冷蔵庫やキッチン付きのフルキャンパー仕様、ビーチはそれらを省いた簡易キャンパー仕様。

 

VW T6 カリフォルニア オーシャン

 乗車定員:大人4名、就寝定員:大人4名

ポップアップルーフは強風下などでは使用がためらわれる場合もあり、ルーフベッドは常用というよりは”エクストラ”と考えた方が良いかもしれません。運転席と助手席を倒してそれぞれ2人寝れば、ポップアップさせなくても大人4人寝ることは可能といえば可能です。(前2人は体勢的にはきついでしょう)

 

特徴となるのは、助手席後ろからテールゲートまである大容量キャビネット。シンク、ガスコンロ、冷蔵庫、折りたたみ式テーブルが備え付けられています。

f:id:Tegoood:20190319154343j:plain

 

また運転席と助手席が回転できるため、停車時のリビング空間としては車内空間を最大限活用できるのがメリットです。ハイエースのキャンピングカーは2列目以降が広く取れるキャブオーバー車ですが、それ故に1列目⇔2列目のウォークスルーが出来ず、1列目シート回転機能も無い仕様が主流です。

 

f:id:Tegoood:20190319155147j:plain

 

その他として、テールゲートにチェア2脚、スライドドア内張りにテーブルが搭載されており、オーニングを展開すれば、アウトドアリビングが一瞬で出来上がります。

f:id:Tegoood:20190319160403j:plain

 

↓はオーニングの先にオプションの幕を追加していますが、車のオーニングだけでも快適な空間となります。

f:id:Tegoood:20190319160421p:plain

  

VW T6 カリフォルニア ビーチ

 乗車定員:大人5~7名、就寝定員:大人5名

ビーチはオーシャンに対し、大型キャビネットを外した簡易キャンパー仕様で、2列目にシート2脚を追加すれば7人乗りにすることができます。この追加シートは簡単に取り外しできるので、普段は7人乗りで使用し、キャンプの時はシートを取り外して広々リビングってのが可能です。

 

↓このように2列目一脚のみ取り付けて、90度回転したようなシートアレンジもできます。これはワタクシの車で、普段はこのようにして、キャンプや車中泊の時はこれを取り外しています。

f:id:Tegoood:20190319161927j:plain

 

ビーチには、シンク、ガスコンロ、冷蔵庫はないですが、カセットコンロや車用冷蔵庫で良ければ後から市販品を追加することはできるため、”車内広さ重視”って人はオーシャンよりもビーチの方が使い勝手良いかもしれません。

f:id:Tegoood:20190319163455j:plain

 

↓エンゲル冷蔵庫使っていますが、さすが日本製で省エネ設計でよく冷える!文句のつけようがありません。

f:id:Tegoood:20190319163437j:plain


 

VW T6 カリフォルニアの燃費

 キャンピングカーは通常その重装備により燃費が悪いのが一般的です。しかしVWT6をベースとしたカリフォルニアは、燃費はかなり良いと実感できます。

 自分のT6カリフォルニアビーチでは実用燃費は、高速で15km/L、市街地でも11km/Lくらいです。車体重量は2.5t級で決して軽いわけじゃないですが、低速トルクのある燃費の良いディーゼルエンジンにより、市街地でもストレスなく走り、ターボにより高速の伸びも不満ありません。

 ただ、7000kmくらいに1回ガソリンスタンドでアドブルー(尿素:排気ガス浄化剤)を入れないといけません。実は私は前車もVWT5でしたが、その時はアドブルー必要なかったです。VWは例のディーゼル不正問題で襟を正したのか、VWT6でそこの煩わしさが悪化しました。

 

 

まとめ

 この車は、そのワーゲンバスを祖先に持つルーツからか、なんとなく日本のミニバンには無いような、どことなく緩くてハッピーな気分にさせてくれるところがあります。

 オラオラと煽ってくるようなDQN車や、車線変更などで入れてくれない車などがあったとしても、「はいはい。急いでるならどうぞ先に行ってねー。」みたいな感覚にさせてくれ、車内は皆笑顔です。

 また日本ではレア車になるため、人と被るのがイヤって人にはオススメですです。サイズはアルファードを少し大きくした程度で日本の道路事情にもギリで合います。

 ただ先述の通り正規で導入されていないため、並行輸入しかありません。日本では何店舗かのショップで取り扱っています。自分は関西に住んでおり、東大阪のGAKUYAで購入しました。紳士的で”おぎやはぎの愛車遍歴”にも出演したことのある超気さくな店長が待ってますので、興味ある方は行ってみて下さいw

www.e-gakuya.com

VW T6 Beach 14 -納車1年経過、そしてT6後期情報-

2017年7月に現地にオーダーかけて8ヶ月間の納車難民生活を経て、2018年年2月に納車となったVWT6 California Beach。
 
1年経過し走行距離は12000km超。週末のみの使用頻度で1000km/月ペース。前のVWT5 Caravelleが8000km/年を考えると1.5倍に伸びた。やはりポップアップやFFヒーターなど、より車中泊し易い仕様の恩恵で、躊躇なく出撃しているからでしょう。
 
4人家族で、ジジババもたまに一緒に乗るという今の自分の使い方にはこのVWT6 California Beachはベストマッチ。似たような環境、感覚、アウトドア趣味を持っている人ならば、このクルマはかなりオススメです。
 
 
 
 
 
↓2018年4月。慣らしがてら行った福井キャンプ(芝桜がキレかった)

f:id:Tegoood:20190415190302j:plain

 
 
 
先日ネットで次期トランスポーターのスパイショットを見つけた。

f:id:Tegoood:20190415190331j:plain

 

f:id:Tegoood:20190415190359j:plain

 

f:id:Tegoood:20190415190417j:plain

 
 
前に触れた"MQB"プラットフォームになる次期T7ではないっぽいので、↑はT6後期(フェイスリフトVer.)だと思われる。
VWのトランスポーターは今まで13年周期のモデルチェンジを繰り返してきてて、T6が2016年デビューでT5が2003年デビュー。T4は1990年ね。で更に6~7年でフェイスリフトが行われるのもルーティン。
 
T5前期↓(2003年)

f:id:Tegoood:20190415190449j:plain

 

T5後期↓(2009年フェイスリフト後) なつかしー!

f:id:Tegoood:20190415190513j:plain

 

そのルーティンで行くと、T6後期は2023年頃のはずなんだけど、ここでややこしいのがT7のMQB。VWは電動化も合わせてMQBに載せたトランスポーターを2025年目標で進めてるらしい。
 ってことはT6は2016年~2025年の9年の短命となり、更にフェイスリフトが真ん中で行われるとしたら2020年ごろ?
 ってことで、今回のスクープショットは2020年ごろになるT6後期ってことでしょうか???
 
 今T6検討中の人はT6後期のデザインをチェックしてからでも良いかもしれませんね。
 
 
そして、上述のスパイショット後に正式発表されたVW T6後期の画像がこちら。 

f:id:Tegoood:20190415190707j:plain

 

T6.1と命名されてます。
 
やはりフロントグリルが大型化となりました。
 
上述のスパイショットをよく見ると、大型グリル以外にもフォグランプ周りも正式発表画像と同じなので、予想通りっちゃー予想通り。

f:id:Tegoood:20190415190331j:plain

 
大型グリルは最近のトレンドの波に乗った感じがしないでもなく、オラオラ感が強くて個人的には苦手な方向だけど、
 
今回の画像のように、ボディがツートンカラーであったり、グリル下半分の黒っぽい処理で、少しキュートでゆるいワーゲンバス感を出してるのは良いですね。
 
フォグ周りの黒樹脂の処理もシトロエンのDSシリーズっぽくて、キュートさに一役買ってます。

f:id:Tegoood:20190415190748j:plain

 
しかしツートンって良いなぁ。

f:id:Tegoood:20190415190809j:plain

 
テール周りはほぼ変わってないと思うけど、テールランプの光り方が変わってる。

f:id:Tegoood:20190415190825j:plain

 
今のT6のテールライトの光り方はあまり好きじゃないので、このテールライトだけでも移植できるならやってみたい。

f:id:Tegoood:20190415190847j:plain

 
結論。
T6後期買うならツートンカラー。男前なのに少しキュート。
ツートンが似合うミニバンはオンリーワンなので、日本では超目立つと思います。

VW T6 Beach 13 -デッドスペースに収納を-

VW T6ビーチにはシート下や壁面に割と収納スペースあるんだけど、収納はあるだけあった方が良いって事で、天井のデッドスペースに棚を作ってみた。

 

f:id:Tegoood:20190415185422p:plain

車内後方の↓の天井スペース。

f:id:Tegoood:20190415185436p:plain

ここはポップアップしない板厚10mmのプレートの部分があって、なんとかここに棚を固定出来ないかと。ただし、もちろん内装に穴開けたりするのは無し。



で色々と考えた結果、ネットで↓こんなんをゲット。

f:id:Tegoood:20190415185450p:plain


板に挟み込むタイプの棚。

あとはホムセンを徘徊して↓こんなのもゲット。

f:id:Tegoood:20190415185516p:plain


内装色に近いグレーのポリプロピレンボードと取手用に棚ダボ。



ほんでシロウト丸出しながらも…

f:id:Tegoood:20190415185536p:plain

 

f:id:Tegoood:20190415185553p:plain

 

f:id:Tegoood:20190415185613p:plain


↓は100均で買った磁石ね。

f:id:Tegoood:20190415185636p:plain

四苦八苦しながら↓こんなんを作った。

f:id:Tegoood:20190415185657p:plain


ほんでこれを車に付けた。

f:id:Tegoood:20190415185714p:plain

 

そう。板に挟むタイプの収納。よくキッチンとかで使ってるやつです。

f:id:Tegoood:20190415185736p:plain

ここには軽いもので、タオルや着替えなどを収納するのが調子良さげ。

f:id:Tegoood:20190415185801p:plain

 

 


まぁまぁ上手くいったので、スペース的にもう一個付けられるのでソッコー増設完了!!f:id:Tegoood:20190415185948j:plain

 

1個だと容量そんなにないけど、2個あればまぁまぁ使えるかな???って感じ。


このアイデアは他もイケそうな箇所あるので色々検討の余地あり。

 

 


そして、その横にもまだツルツル表面のスペースあったので、ここには吸盤のハンガー掛けを設置してみました。

f:id:Tegoood:20190415190008j:plain

 吸盤はレバータイプで耐荷重は7kg。色々探したけど、吸盤タイプではこの耐荷重がMAX。

 ここは服やタオルを掛けれるのはもちろん、棒の長さを長めをチョイスしたので、手前に出して、車中泊とかでキッチンペーパーなんかを掛けれるようにした。


 ええ感じに収納が増えました。

f:id:Tegoood:20190415190038j:plain




今日は会社を休んだので、久し振りにMTB遊びしてきました。

f:id:Tegoood:20190415190104p:plain


しかし寒い!

 

 

 

…………

後日記

 ひっかけ収納。一つはタオルや下着類のストック。もう一つは使わない時のハンガーや歯磨きセットなどに使っています。後席をフルフラットにした状態だとシート下収納が使い難いため、フルフラット状態でも取り出し頻度が高いものを天井収納に入れると良いです。

 ハンガーかけ。表面はツルツルで吸盤問題ないと思ってたけど、実際使ってみると、服かけるとそれなりに重さが出て、3着くらいかけた状態で走行すると、走行時の振動の影響なのか、吸盤が外れてしまうことが判明。そこで、100均で吸盤のベースシートなるものを見つけたので、それを吸盤面に張り付けました。そうすることにより吸着性が上がり全く落ちなくなりました。濡れたスノーボードのウェア4着くらい+普段着アウター2着くらいを引っ掛けた状態(多分軽く5キロくらい行ってた)でも問題ありませんでした。