ポップアップなVWT6ビーチに荷物を積んで

クルマで行く外遊びが好きなアラフォーおやじのブログ

フォルクスワーゲンT6カリフォルニアってどんな車?

フォルクスワーゲン(VW) T6カリフォルニアは、VWが自社で開発・製造を行っているキャンピングカーでベース車両はトランスポーター第6世代を通称したT6。

 

 通常、キャンピングカーはベースとなる車をアフターメーカーが種々の装備を換装して製造しますが、自動車メーカー自らが開発・製造しているのは現在VWしかありません。

 

 分かり易く言うと、トヨタや日産がメーカー純正でキャンピングカーを作っているっていう事。そりゃ図面段階からメーカー基準で開発され、厳しいテストが繰り返されているので、性能・機能・耐久と3拍子そろった品質となります。

 

このブログは、このVWT6キャンパーで繰り出す外遊びの日々をブログネタとしています。

今日はこのVWT6カリフォルニアシリーズについて書きたいと思います。

  

 

VW T6とは? 

初代はいわゆるワーゲンバスでこれをT1 (TはトランスポーターのT)とし、その子孫が通常進化をとげ、現在はT6まで来ています。

 

  ↓みんな大好きワーゲンバス (T1)とその子孫の最新T6。

 f:id:Tegoood:20190319113319j:plain

 

次の写真は進化過程が分かり易いですね。T4前期までは日本に入ってたので昔はよく見かけてました。しかしT4後期で日本への正規輸入がストップします。

 f:id:Tegoood:20190319113137j:plain

 

なぜ日本への正規輸入がストップしたのか?

正規輸入が止まったT4後期は1997年ごろなので、ちょうどホンダステップワゴンや日産エルグランドがデビューした時期で、日本でミニバンブームに火がついたところ。十分売れる算段はあったはず。

 なぜ入れなかったのか?

VWのTシリーズはT1をルーツに持つその由緒正しい歴史から、欧州ではベンツVクラスよりも市民権を得ており値段も高め設定。その価値のまま日本で売ろうと思うと、日本ではVWはベンツよりも低価格のイメージが強く、高い値段設定では売れない。加えて、コスパの高い日本車と勝負しても負けると判断されたんでしょう。  

 

VW カリフォルニアとは?

 VWのキャンピングカーには長い歴史があり、1960年頃に老舗ウエストファリア社が手がけるT2 (トランスポーター第2世代)ベースのキャンピングカーがVWのラインナップに加わったのが始まりで、キャンピングワーゲン→ジョーカー→カリフォルニアと名前を変えながら、その後T4 (第4世代)までラインナップされていました。

 

  ↓T3 (第3世代)は未だに人気あって、日本でもたまに見かけますね。

f:id:Tegoood:20190319143438j:plain

 

しかし、ウエストファリアの業績が悪化し、2003年にVWとウエストファリアの提携は終了。その後T4→T5 (第5世代)への切り替えのタイミングで、VWは2004年からメーカー純正としてカリフォルニアの製作を始めることになります。 

以来、VWカリフォルニアは、世界唯一の自動車メーカー自らが手掛ける純正キャンピングカーとしてラインアップされており、各部の沿いやフィッティングなど、ビシっとした質実剛健なドイツ製キャンピングカーとして欧州で高い評価を得ています。

 

VW T6カリフォルニアは装備の差から、Ocean(オーシャン)、Beach(ビーチ)に分かれます。オーシャンは冷蔵庫やキッチン付きのフルキャンパー仕様、ビーチはそれらを省いた簡易キャンパー仕様。

 

VW T6 カリフォルニア オーシャン

 乗車定員:大人4名、就寝定員:大人4名

ポップアップルーフは強風下などでは使用がためらわれる場合もあり、ルーフベッドは常用というよりは”エクストラ”と考えた方が良いかもしれません。運転席と助手席を倒してそれぞれ2人寝れば、ポップアップさせなくても大人4人寝ることは可能といえば可能です。(前2人は体勢的にはきついでしょう)

 

特徴となるのは、助手席後ろからテールゲートまである大容量キャビネット。シンク、ガスコンロ、冷蔵庫、折りたたみ式テーブルが備え付けられています。

f:id:Tegoood:20190319154343j:plain

 

また運転席と助手席が回転できるため、停車時のリビング空間としては車内空間を最大限活用できるのがメリットです。ハイエースのキャンピングカーは2列目以降が広く取れるキャブオーバー車ですが、それ故に1列目⇔2列目のウォークスルーが出来ず、1列目シート回転機能も無い仕様が主流です。

 

f:id:Tegoood:20190319155147j:plain

 

その他として、テールゲートにチェア2脚、スライドドア内張りにテーブルが搭載されており、オーニングを展開すれば、アウトドアリビングが一瞬で出来上がります。

f:id:Tegoood:20190319160403j:plain

 

↓はオーニングの先にオプションの幕を追加していますが、車のオーニングだけでも快適な空間となります。

f:id:Tegoood:20190319160421p:plain

  

VW T6 カリフォルニア ビーチ

 乗車定員:大人5~7名、就寝定員:大人5名

ビーチはオーシャンに対し、大型キャビネットを外した簡易キャンパー仕様で、2列目にシート2脚を追加すれば7人乗りにすることができます。この追加シートは簡単に取り外しできるので、普段は7人乗りで使用し、キャンプの時はシートを取り外して広々リビングってのが可能です。

 

↓このように2列目一脚のみ取り付けて、90度回転したようなシートアレンジもできます。これはワタクシの車で、普段はこのようにして、キャンプや車中泊の時はこれを取り外しています。

f:id:Tegoood:20190319161927j:plain

 

ビーチには、シンク、ガスコンロ、冷蔵庫はないですが、カセットコンロや車用冷蔵庫で良ければ後から市販品を追加することはできるため、”車内広さ重視”って人はオーシャンよりもビーチの方が使い勝手良いかもしれません。

f:id:Tegoood:20190319163455j:plain

 

↓エンゲル冷蔵庫使っていますが、さすが日本製で省エネ設計でよく冷える!文句のつけようがありません。

f:id:Tegoood:20190319163437j:plain


 

VW T6 カリフォルニアの燃費

 キャンピングカーは通常その重装備により燃費が悪いのが一般的です。しかしVWT6をベースとしたカリフォルニアは、燃費はかなり良いと実感できます。

 自分のT6カリフォルニアビーチでは実用燃費は、高速で15km/L、市街地でも11km/Lくらいです。車体重量は2.5t級で決して軽いわけじゃないですが、低速トルクのある燃費の良いディーゼルエンジンにより、市街地でもストレスなく走り、ターボにより高速の伸びも不満ありません。

 ただ、7000kmくらいに1回ガソリンスタンドでアドブルー(尿素:排気ガス浄化剤)を入れないといけません。実は私は前車もVWT5でしたが、その時はアドブルー必要なかったです。VWは例のディーゼル不正問題で襟を正したのか、VWT6でそこの煩わしさが悪化しました。

 

 

まとめ

 この車は、そのワーゲンバスを祖先に持つルーツからか、なんとなく日本のミニバンには無いような、どことなく緩くてハッピーな気分にさせてくれるところがあります。

 オラオラと煽ってくるようなDQN車や、車線変更などで入れてくれない車などがあったとしても、「はいはい。急いでるならどうぞ先に行ってねー。」みたいな感覚にさせてくれ、車内は皆笑顔です。

 また日本ではレア車になるため、人と被るのがイヤって人にはオススメですです。サイズはアルファードを少し大きくした程度で日本の道路事情にもギリで合います。

 ただ先述の通り正規で導入されていないため、並行輸入しかありません。日本では何店舗かのショップで取り扱っています。自分は関西に住んでおり、東大阪のGAKUYAで購入しました。紳士的で”おぎやはぎの愛車遍歴”にも出演したことのある超気さくな店長が待ってますので、興味ある方は行ってみて下さいw

www.e-gakuya.com