ポップアップなVWT6ビーチに荷物を積んで

アウトドア、キャンプ、車中泊など、車で行く外遊びの出撃記録。

道の駅などで車中泊する時に役立つVW T6 California Beachの車内装備

 道の駅などで車中泊する際に使える快適装備について、VW T6 California Beachの標準装備やオプション装備について書きたいと思います。
 
 

窓の目隠し

 道の駅などで車中泊や仮眠する際、まず一番最初に窓の目隠しが必要です。特に夜は車内をライトで照らした場合、車内からは意外に気づかないですが、外からは丸見えになりますからね。

 

後席キャビン側

 VW T6 California Beachには後席キャビンの5枚の全窓にはシェードが内臓されています。上から下に引き下ろせばすぐに目隠しをすることができます。
f:id:Tegoood:20190412170454j:plain
 
 これは使い勝手極めて良いです。カー用品店に売っている汎用の吸盤カーテンでも代用できますが、内臓シェードだと納まり・使い勝手・シンプルさ、どれを取っても満足できる仕様です。
 
 前車では内臓シェードがなかったので吸盤カーテンを使っていましたが、吸盤自体の吸着力が低く、時間立つとポロっと落ちたりしていました。内臓シェードではその煩わしさがなく調子良いです。
 

前席フロント側

 前席フロント側窓3枚の目隠しは布製シェードです。これも標準で付いてきます。
 運転席側と助手席側は磁石で周りをパチパチととめていくタイプ。
 フロント窓はサンバイザー横とバックミラーに引っ掛けて付けるタイプで多少めんどくさい感はありますが、許容範囲内。
 目隠しとしては問題ないですが、生地は薄めなので防寒効果は低いです。ですので、冬に防寒が必要な場合は、汎用のアルミ凝着シートのようなものが必要かもしれません。

f:id:Tegoood:20190412170539j:plain

 

  

シート背面収納

 前列シートの後ろにはBRANDRUP製の物入れを付けました。見た目はあまり良くはないけど使い勝手は間違いなく良いです。ただポケットが多すぎてどこに何をしまったか分からなくなります。
f:id:Tegoood:20190412170605j:plain
 
 助手席側(左側)一番下の大きな収納部は、内張りにアルミ材質の凝着シートが貼られているので保冷/保温効果が少し期待できる仕様になっています。

 

 

シート回転でリビング作成

 運転席と助手席はレバー一つで回転できます。この機能はこの車の売りポイントの一つで、ミニバン純正でこの機能が付いているのは極めて珍しいと思います。

f:id:Tegoood:20190412170634j:plain
 
 これでキャビン側のシートと対面した状態のリビングが作れます。
 
 VW T6 Beachの標準は2列目なしの5人乗りですが、オプションで7人乗りまでできるので自分はそうしています。しかし一脚は取り外して空間を確保した状態を普段使いとしています。車中泊旅に行く時はもう一脚外して更に空間確保しても良し。
 
 2列目左側一脚だけ残して、それを横に回転させた状態。こんな面白い使い方もできます。

f:id:Tegoood:20190412170711j:plain

  
 

リビングテーブル

 スライドドアの内側にテーブルが収納されています。

f:id:Tegoood:20190412170739j:plain

 
 これをを車内キャビン左側面のレールに固定できるようになっており、向かい合ったチェアと組み合わせればリビングが完成します。大人5人が余裕で過ごせるリビング。フルキャンパーじゃないBEACHの利点の一つです。

f:id:Tegoood:20190412170809j:plain

 

 ちなみに2列目シート左側一脚は上写真のように畳めばテーブル下に収まります。これはなかなかグッド!

 

 ちなみにテーブル外した後のスライドドア内側は↓。ここに空間設けられていて何かしら収納できるようになってます。何かブランケット類の収納に良いかも。

f:id:Tegoood:20190412170830j:plain

 
 こんなわずかな空間も無駄にしない的なメーカーのコダワリのようなものを感じます。流石に純正キャンパーです。
 
 

窓には網戸を

 2列目の両サイドの窓にはスライド窓がついており、オプションでそこに網戸を追加できます。これで真夏の車中泊などで虫をシャットアウトしながら風通しできます。

f:id:Tegoood:20190618140552j:plain

 

 

ポップアップルーフ内のベッド

 VW T6 Beach最大の利点の一つにポップアップルーフがあります。そこにベッドが収納されており、木製スプリングマットがあります。ここの寝心地は文句のつけようがないレベルです。f:id:Tegoood:20190412171021j:plain 
 

FFヒーター

 オプションでFFヒーターを選べます。ヒーターの吹き出し口は右側Bピラー最下のところ。前席上部の(ミラーのとこと)に制御スイッチがあって、ダイヤルで10段階で設定できます。
 ルーフをポップアップさせない状態では、真冬の2月でダイヤル2でも十分暖かく過ごせました。ポップアップすると空間が大きくなるのでダイヤルは5くらいにする必要ありますが、まだまだ余裕あります。
 
 

その他純正付属品 

 その他付属品ですが、右からゴミ入れ2個、カップホルダー、12vLED、12vスポットLED、外部電源取り込み線。この辺は買う時には全く情報なかったので、オーナーになって初めて分かった付属品。情報少ない並行車の宿命ですが、別にアフターでも代替え可能な品ですがこの細かな気遣いが嬉しい。

f:id:Tegoood:20190412170859j:plain

 カップホルダーは左側レールに付けるヤツ。

f:id:Tegoood:20190412170928j:plain
 12vLEDはポップアップのベッドの脇にある12vソケットに付けて読書灯的な使い方ができると思います。
f:id:Tegoood:20190412170957j:plain
 
 
ということで、VW T6 BEACHで道の駅などで快適に過ごせる標準・オプション装備を紹介しました。